スイングの軸は、左股関節の垂直線で

 

 

 

 

左腰から下は、スイング中垂直を保ち、身体の軸(脊椎)
とスイングの軸との関係を理解することが重要です。

 

 

身体の軸はやや斜めに構え、それを維持しながら
左股関節の垂直線を中心にスイングします。

 

 

それにより腰がレベル回転できるだけでなく、
肩に関しても、前傾姿勢に対してトップで左肩が
落ちすぎず、ダウンで右肩が下がり過ぎなくなります。

 

 

【アドレスでは身体の軸を斜めで構える】

 

黒線:身体の軸(脊椎)
白線:スイングの軸(左股関節の垂直線)

 

 

 

 

 

【身体の軸と左股関節の垂直線との関係】

ピッチングウェッジのショットを背後から見ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ここから、身体の軸(脊椎)が赤線からずれます。

 

ショットを正面から見ると以下のようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ⇒再現性の高いスイングを身につける実践法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

管理人プロフィール

プロフィール画像


スイング@オヤジ


⇒プロフィール詳細

無料レポートプレゼント

自分のゴルフスイングやスコアに満足していない方へ、 ゴルフ上達の秘密レポートがあります。
実はゴルフレッスンを受けても、一度も100を切れなかった 定年オヤジが、あっさりベストスコアが87になったある 方法が書かれています。


ゴルフ上達無料レポート


⇒【無料レポート】

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報

人気のゴルフ教材

実践して5ラウンド以内に、スコアが80-90台にならなかった場合は 全額返金するという驚きのゴルフ上達プログラム。

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

再現性のあるスイング法の実践法

ページの先頭へ

FX Online Japanの評判・口コミ