体重移動と打球が曲がる関連について

 

 

 

飛距離を十分に出して、尚且つ曲がらないスイングをするには
どうすればいいでしょう。

 

 

曲がらない為のスイングが出来ていれば、自然と飛距離は出ます。

 

 

 

ところが、曲がらないようにするというのは
そんなに簡単ではありません。

 

 

曲がらないようにすることができるのであれば「曲がる」
ということに悩まないので、当然のように飛距離はアップ
していきます。

 

 

統計的にみても、飛距離の出る人は曲がる傾向にあります。

 

遠くへ飛場せば飛ばすほど曲がってしまう・・・

 

 

 

それならば、曲がらないように打てばいいと考えていくと
今度はせっかく飛距離がでていたのに飛ばなくなる。

 

 

 

実は、ボールが曲がる原因は、最近常識と言われる「体重移動」
にあります。

 

 

 

では、どうすればいいのか?ですが、

 

腕は体にくっつけて、腰を打ち抜くというひとつの動作を
1セットとすることを基本にしていくことで、安定していきます。

 

 

 

 

体重を移動させ、それに合わせて毎回タイミングを合わせようとする
2つの動作は、結果的にはタイミングを合わせることが難しいため、
ボールは曲がり、うまく飛ばなくなってしまうのです。

 

 

 

 

体重移動させるのではなく、最初から左足に体重を乗せて構える、
そして体も1セットにしておくだけでもまっすぐに飛ぶ確率は
アップしていくのです。

 

 

 

曲がらないスイングで、飛距離をアップさせませんか?
詳細は、無料レポートにも書かれています。

 

 

 

 

日本のゴルフスイング理論について

 

 

 

ゴルフの歴史は、スコットランドのセントアンドリュースから
始まったというのはご存知かと思います。

 

 

 

日本のゴルフの歴史は、軽井沢ゴルフコースから始まったと
言われていますが、世界のゴルフからみれば、まだ浅いと
言えるでしょう。

 

 

 

ゴルフスイング理論についても同じことが言えるでしょう。

 

 

 

スイング理論についてもたくさんあり、どれが正しくどれが間違い?
となると迷ってしまうこともあると思います。

 

 

 

しかし、実際に理論が正しいとしても、自分自身のスイングがわからないと
どこが間違っているということを知ることができますか?

 

 

 

またクラブがあっているかどうか、というのもわかりますか?

 

 

 

そもそも日本人と言うのは、根本的にスイングが間違っている
と言われています。

 

 

 

海外と日本の違い、それは根本的な理論の違いです。

 

 

 

海外では根拠のある理論になっていますが、日本では根拠よりも体験で、
正しい理論かと言えば、そうではありません。

 

 

 

体験は人それぞれ違うため、正しいのはどれ?となってしまうのです。

 

 

 

実際にコーチを変えたら全然違っている…と言う原因もそこにあります。

 

 

 

それだけではなく、日本の多くの常識?

 

 

 

例えば、体重移動をすることも実際は間違っているため、結局は
ボールが曲がって行ったり、狙ったところに飛んでいかないのです。

 

 

 

根拠のある理論、これが本当は大切で正しいスイングに繋がるのです。

 

 

 

 

海外のスイング理論がすべて正しいと言っているのではなく、
間違ったスイング理論では上達しないということです。

 

 

 

 

 

 

1 / 712345...最後 »
 

管理人プロフィール

プロフィール画像


スイング@オヤジ


⇒プロフィール詳細

無料レポートプレゼント

自分のゴルフスイングやスコアに満足していない方へ、 ゴルフ上達の秘密レポートがあります。
実はゴルフレッスンを受けても、一度も100を切れなかった 定年オヤジが、あっさりベストスコアが87になったある 方法が書かれています。


ゴルフ上達無料レポート


⇒【無料レポート】

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
 

ページの先頭へ

FX Online Japanの評判・口コミ