ゴルフボールを真芯にヒットさせ、まっすぐ飛ばす方法

 

 

 

コースへ出る度に正確にヒットして、まっぐに飛ぶ方法なんて
あるわけない!と思っていませんか?

 

 

 

実は、本来基本的なフォームが決まっていて、きちんとスイングが
できれば狙った方向にボールは飛び、まっすぐに飛ばすことも
可能なはずなのです。

 

 

 

でも、それができない…ということは?

 

 

 

単純に考えれば、スイングが間違っているということです。

 

 

 

 

ボールが真芯に当たり、タイミングも合っていくことで
安定的なヒットができ、正確性も伴ってくるのです。

 

 

 

 

ではそうするにはどうしたら良いかですが・・・

 

 

 

ムリにタイミングを合わせようと必死に練習をしたとしても、
タイミングを合わせることは難しいことです。

 

 

 

 

それなら、ムリに合わせるのではなく合う方法を考えることで
安定して正確なヒットを確実にしていくことができるのです。

 

 

 

 

出来ないことをできるようにしていくためには…
ただ練習だけでは解決できないこともたくさんあるのです。

 

 

 

 

まぐれではなく「毎回」ヒットさせることを身に着けていきましょう。

 

 

 

 

毎回な正確なスイングを出し、まっすぐ飛ばしてみませんか?

 

 

 

【ゴルフ初心者でも、左一軸スイングで100を切る、ゴルフ上達練習方法】

管理人:スイング@オヤジ

 

 

 

 

 

 

 

スイングをコンパクトにすると飛距離が伸びる

 

 

 

コンパクトなスイングに変えたら飛距離が伸びた
という話を聞いたことはないでしょうか?

 

 

 

飛距離を伸ばしたいと、思いっきりたたいたとしても、
曲がってしまうだけ・・・

 

 

 

こんなことは、普通にあることです。

 

 

 

パワーを出しきるためには回転!をかけるのが一番必要!
と思うかもしれませんが、回転をはやめたとしても、
実はパワーはでません。

 

 

 

では、どうしたら良いのか。

 

 

 

実は回転ではなく「ひねり」が重要なのです。

 

 

 

捻転(ひねりを回転に加える)というのは、筋肉を最大限に
動かすことができるので、重いボールをまっすぐに飛ばすことが
可能になるのです。

 

 

 

よく聞くことがあるかと思いますが、肩と腰を回転させる
という理論がまことしやかに言われています。

 

 

捻転という言葉は、聞きなれないことかもしれませんが、
単なる回転と捻転の違いは、想像以上に大きなファクターで
飛距離アップはもちろんのこと、毎回同じスイングを
可能にしてくれるという優れものなのです。

 

 

 

またひねることによってコンパクトなスイングにもかかわらず、
飛距離がアップしていくのです。

 

 

 

力がない、体が思うように回転しないと言う人であっても、
この方法なら飛距離が伸ばせて、体も大きく動かす必要が
ありません。

 

 

回転と捻転の違いや、コンパクトなスイングに変えて飛距離を
伸ばしたいという方は、「100をきるための、ゴルフ上達虎の巻」の
無料レポートをご覧ください。

 

 

「100をきるための、ゴルフ上達虎の巻」のレポートを見ていただければ
わかりますが、なぜ無料なのかと思うくらいの内容です。

 

 

 

 

 

【ゴルフ初心者でも、左一軸スイングで100を切る、ゴルフ上達練習方法】

 

 

 

管理人:スイング@オヤジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 3123
 

管理人プロフィール

プロフィール画像


スイング@オヤジ


⇒プロフィール詳細

100を切るゴルフ

自分のゴルフスイングやスコアに満足していない方へ、 ゴルフ上達の秘密レポートがあります。
実はゴルフレッスンを受けても、一度も100を切れなかった 定年オヤジが、あっさりベストスコアが87になったある 方法が書かれています。



【100を切るゴルフ】

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
 

ページの先頭へ

FX Online Japanの評判・口コミ