ウェッジとドライバーの違いとは?

 

 

ウェッジからドライバーまで同じスイングができるというのは
ゴルファーにとって理想のスタイルです。

 

 

スイングをする時に、基本的にはウェッジからドライバーまで同じはず
なのですが、実際に多くの人がそれぞれに違ったスイングをしています。

 

 

右に曲がったり、左に曲がったり、ミスショットが多いと言う人の
典型的パターンです。

 

 

またコースに出ると違ってしまう…と言う人も同じです。

 

 

基本的にはスイングに安定性があれば、いつも変わらないのです。

 

 

そのため、ウェッジもドライバーも同じスイングなのです。

 

 

そうなればミスよりも思い通りに飛ぶ確率の方が自然に高くなっていきます。

 

 

夢のような話…と思うかもしれませんが、安定性・再現性の高い
スイングを身につけることができれば、それも現実な話なのです。

 

 

自分のスイングの基本があれこれある場合は、まずはひとつしっかりと
したスイングを身につけることが必要です。

 

 

このひとつがあれば、全てが対応できる!

 

 

そんなスイングがあることが、確実に理想通りなボールを飛ばすことが
できることにもなるのです。

 

 

あれの時は、これの時は…と言う人は、まずはここをきちんと
変えていきましょう。

 

 

同じスイングができる人には秘密があったのです..

 

 

その秘密は、無料レポートをご覧ください。

 

 

 

【ゴルフ初心者でも、左一軸スイングで100を切る、ゴルフ上達練習方法】
 
管理人:スイング@オヤジ

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフスイングのコツとは?

 

 

 

ゴルフスイングのコツは、回転ではなく捻転です。

 

 

 

回転と捻転というと似たように聞こえるかもしれませんが、
大きな違いがあります。

 

 

 

ゴルフスイングでまっすぐ飛距離アップさせたいと思うのなら、
捻転、つまりひねりが必要になります。

 

 

体を回転させて、その速さをアップさせたとしても、パワー不足で、
本当にパワーを出したい!と思うのであれば「捻転」がコツなのです。

 

 

 

体をひねるというのは、全身の筋肉が動くため、その分力は大きくなり、
小さなスイングであっても、重たいボールを飛ばすことができるのです。

 

 

 

全身の力、筋肉を使えるかどうかというのがこの回転と捻転の違いに
なるということです。

 

 

 

いくら一生懸命体を回転させて頑張ったとしても、ボールは飛びません。

 

 

 

それどころか、体を痛めてしまったりボールが曲がってしまうことも
あるのです。

 

 

 

捻転によって腰と肩の角度も変わり、腕を使うだけやある部分だけの
力を使うだけではなく、全身を使ったゴルフスイングをしていきましょう。

 

 

 

そうすることによって、今までにないパワーを出すことができます。

 

 

 

 

ゴルフスイングの根本が間違っていませんか?

 

 

 

【ゴルフ初心者でも、左一軸スイングで100を切る、ゴルフ上達練習方法】
 
管理人:スイング@オヤジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212
 

管理人プロフィール

プロフィール画像


スイング@オヤジ


⇒プロフィール詳細

100を切るゴルフ

自分のゴルフスイングやスコアに満足していない方へ、 ゴルフ上達の秘密レポートがあります。
実はゴルフレッスンを受けても、一度も100を切れなかった 定年オヤジが、あっさりベストスコアが87になったある 方法が書かれています。



【100を切るゴルフ】

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
 

ページの先頭へ

FX Online Japanの評判・口コミ