インパクトゾーンを広げるスイング法

 

 

インパクトゾーンを広げる、左股関節を軸にするスイング法
についてのお話です。

 

 

ボールを芯に当てることができれば…もしそう考えるならば、
左股関節に体の軸をおくようにします。

 

 

 

簡単に言えば、左股関節をイメージし、そこに縦に線を描き、
それを軸にするのです。

 

 

 

左股関節を軸にするスイング法は、インパクトゾーンを広げます。

 

 

 

通常の体重移動をする場合に比べ、左股関節を軸にすることによって、
クリーンヒット回数をアップさせるということです。

 

 

 

しかも、体の中心で回転していた時に比べ、明らかにインパクトゾーンが
広がるだけではありあません。

 

 

 

広がるということは、ミスも減って安定性も出てきて、おのずと飛距離も
アップしていくのです。

 

 

 

通常のスイング方法では、どうしても良いショットができる確率が少なく、
ミスをすると連発してしまうということも経験上あるのではないでしょうか。

 

 

 

それを防ぎ、再現性を高くするのが左股関節を軸にする方法になります。

 

 

 

なるべくクリーンヒットを増やすためにはインパクトゾーンを広げる、
それによってミスが減るとメリットもいっぱいのスイング法と言えるのです。

 

 

 

確実にミスを減らす、スイング法に興味はありませんか?

 

 

 

左股関節を軸にするスイング法については、画像を載せた詳細ページが
以下からご覧いただけます。

 

⇒スイングの軸は、左股関節の垂直線で

 

 

【ゴルフ初心者でも、左一軸スイングで100を切る、ゴルフ上達練習方法】
 
管理人:スイング@オヤジ

 

 

 

 

 

 

 

管理人プロフィール

プロフィール画像


スイング@オヤジ


⇒プロフィール詳細

100を切るゴルフ

自分のゴルフスイングやスコアに満足していない方へ、 ゴルフ上達の秘密レポートがあります。
実はゴルフレッスンを受けても、一度も100を切れなかった 定年オヤジが、あっさりベストスコアが87になったある 方法が書かれています。



【100を切るゴルフ】

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
 

ページの先頭へ

FX Online Japanの評判・口コミ