飛距離が簡単に伸びるゴルフスイングとは?

 

 

 

飛距離アップをしたいと思っても、曲がってしまったりうまくいかない
ことがあります。

 

 

 

そんな時にはゴルフスイングが鍵になります。

 

 

 

基本は左股関節を軸にすること。

 

 

そして、左ひざをきちんと動かすことが大切です。

 

 

回転ではなく、ひねることで、今まで使わかった全身の筋肉を使い、
小さな動きだとしても、今まで以上のパワーを出すことが可能に
なります。

 

 

見ている人からしてみればコンパクトスイングです。

 

 

しかし、実際には見ている以上にパワーがあるため、軽くても飛距離が
必然的にアップしていくのです。

 

 

しかも曲がらないとなれば、狙ったところへ飛ばせるようになるため、
曲がらずに飛距離がアップしていくのです。

 

 

 

それができれば20ヤードの飛距離アップだって簡単にできるように
なってしまうのです。

 

 

『今までのデメリットを解消するためのゴルフスイング』とも言えるかも
しれません。

 

 

この違いというのは、実践してみてコツがつかめれば、必ず納得できる
方法なのです。

 

 

飛距離アップがきちんとできないのには理由があるのを知っていますか?

 

 

 

 

その理由は、ゴルフ上達虎の巻(無料レポート)をご覧ください。

 

 

 

⇒ゴルフ上達虎の巻 無料レポート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイングをコンパクトにすると飛距離が伸びる

 

 

 

コンパクトなスイングに変えたら飛距離が伸びた
という話を聞いたことはないでしょうか?

 

 

 

飛距離を伸ばしたいと、思いっきりたたいたとしても、
曲がってしまうだけ・・・

 

 

 

こんなことは、普通にあることです。

 

 

 

パワーを出しきるためには回転!をかけるのが一番必要!
と思うかもしれませんが、回転をはやめたとしても、
実はパワーはでません。

 

 

 

では、どうしたら良いのか。

 

 

 

実は回転ではなく「ひねり」が重要なのです。

 

 

 

捻転(ひねりを回転に加える)というのは、筋肉を最大限に
動かすことができるので、重いボールをまっすぐに飛ばすことが
可能になるのです。

 

 

 

よく聞くことがあるかと思いますが、肩と腰を回転させる
という理論がまことしやかに言われています。

 

 

捻転という言葉は、聞きなれないことかもしれませんが、
単なる回転と捻転の違いは、想像以上に大きなファクターで
飛距離アップはもちろんのこと、毎回同じスイングを
可能にしてくれるという優れものなのです。

 

 

 

またひねることによってコンパクトなスイングにもかかわらず、
飛距離がアップしていくのです。

 

 

 

力がない、体が思うように回転しないと言う人であっても、
この方法なら飛距離が伸ばせて、体も大きく動かす必要が
ありません。

 

 

回転と捻転の違いや、コンパクトなスイングに変えて飛距離を
伸ばしたいという方は、「100をきるための、ゴルフ上達虎の巻」の
無料レポートをご覧ください。

 

 

「100をきるための、ゴルフ上達虎の巻」のレポートを見ていただければ
わかりますが、なぜ無料なのかと思うくらいの内容です。

 

 

 

 

 

【ゴルフ初心者でも、左一軸スイングで100を切る、ゴルフ上達練習方法】

 

 

 

管理人:スイング@オヤジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212
 

管理人プロフィール

プロフィール画像


スイング@オヤジ


⇒プロフィール詳細

無料レポートプレゼント

自分のゴルフスイングやスコアに満足していない方へ、 ゴルフ上達の秘密レポートがあります。
実はゴルフレッスンを受けても、一度も100を切れなかった 定年オヤジが、あっさりベストスコアが87になったある 方法が書かれています。


ゴルフ上達無料レポート


⇒【無料レポート】

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
 

ページの先頭へ

FX Online Japanの評判・口コミ