おすすめのゴルフ上達プログラム

テークバックと体重移動の関連性は?

 

 

ゴルフスイングにおけるテークバックについてです。

 

 

ミスショットが多いと言う人の原因のうち8割以上を占めるのは
テークバックにあると言われます。

 

クラブヘッドがトップに行った時点で、ショット内容は決まって
しまうので、テークバックを改善しないままだと、曲がったり
ミスショットが続くのを防げなくなります。

 

 

飛距離を出そうと思うあまりに、肩を大きく回しすぎているので
あれば、それは大きな間違いです。

 

 

たぶん多くの人が体重移動を重視しています。

 

 

しかし残念ながら、それが間違っているのです。

 

 

体重移動をすることで、ボールは曲がって行ってしまうため、
飛距離はよくても曲がって行き、思う方向に飛んで行っては
くれません。

 

 

テークバックでは、左足加重70~75%のアドレス。

 

そして80~85%のトップで体を立っている状態にして左ひざを
上手に使うのがポイントです。

 

 

体重移動の考え方変えることで、あきらかに違いがでてきます。

 

 

慣れないことをするのは難しいと思うかもしれませんが、
体がしっかりと基本を覚えていくことで、曲がることなく
自然に飛距離もアップしていくことに繋がります。

 

テークバックを改善して、スコアアップを目指したい方は
無料レポートをご覧ください。

 

 

 

 

 

日本人のスイングフォームの特徴

 

スイングがヘタな日本人のフォームの特徴についてです。

 

 

日本人ゴルファーは世界のゴルファーに比べ、ゴルフが下手・・・
と言われることがあります。

 

 

外国のプロゴルファーが日本人ゴルファー全員にダメだしした
なんて話もあるらしいのですが、スイングフォームがおかしい
ということはスイング自体などすべてがおかしいということ
になります。

 

日本のプロゴルファーでも、世界に通用する選手が何人も
いるじゃないか!

 

 

ということも事実あるのですが、全体として見た場合には、
少なからずフォームが違うらしいのです。

 

 

つまりフォームが違うことが、飛距離が出なかったり、
曲がってしまったりというマイナスになっていることにも
繋がっているのです。

 

 

日本人ゴルファーは~・・・・・とよく言われますが、
まったくその通りなのかもしれません。

 

 

プロであっても、フォームを比較をすると違いがよくわかる
と言われます。

 

 

日本人流のフォームは、日本の常識と言われているものに多々
原因があるかもしれません。

 

 

スイングは腕を振り腰を回すという2つの動作のタイミングを合わせ、
体重移動でもタイミングを合わせるという常識です。

 

 

いくつかのタイミングが一致しなければ、飛距離が伸びるための
まっすぐな動作ができないんじゃないの?

 

と思われるでしょうが、実はその通りなのです。

 

 

タイミングがずれればスライスやフックになってしまう。

 

 

それなら、最初からタイミングが合うようにフォームを
考えれば良いということを、頭ではわかっているのですが、
今までの常識にとらわれているうちは、簡単に変わらない…
ということなのです。

 

日本人のスイングが下手な原因には、理由があったのです..

 

 

 

 

管理人プロフィール

プロフィール画像


スイング@オヤジ


⇒プロフィール詳細

100を切るゴルフ

自分のゴルフスイングやスコアに満足していない方へ、 ゴルフ上達の秘密レポートがあります。
実はゴルフレッスンを受けても、一度も100を切れなかった 定年オヤジが、あっさりベストスコアが87になったある 方法が書かれています。



【100を切るゴルフ】

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
メタ情報
 

ページの先頭へ

FX Online Japanの評判・口コミ