本ページはプロモーションを含みます。

バイク用品・部品

SETAのバイクヘルメットに思い入れが…

目安時間 10分
  • コピーしました

初めてバイクに乗った時のヘルメットは
今でも覚えています。
古くなってもなかなか捨てられないと
いう気持ちはないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライダーなら誰でも最初のヘルメットに
思い入れとか思い出があるでしょう。

 

私もそうです。

 

 

でも残念ながら16歳で最初に被った
ヘルメットはもうありません。

 

 

確か10年以上前に処分した覚えが
あります。

 

 

捨てようかどうしようかとても迷い
ましたけど、あまりにも汚れていたので
思い切って不燃物に出しました。

 

 

当時は、ヘルメットに対して特別な

「思い入れ」があったわけではない。

 

 

ただ、イザ捨てるという場面になって
はじめて

 

「そういえばコレ被ってたなぁ~」

 

とノスタルジックな思いに耽っていた
記憶があります。

 

 

 

最初に買ったヘルメットは、
フルフェイスタイプでした。

 

 

正直、ヘルメットとか服装に拘りなく
ただバイクに乗る事だけに喜びを
感じていました。

 

だからファッションセンスも悪くて
今考えると恥ずかしいくらいです。

 

 

夏はアロハシャツに短パン、ビーサン
といった恥ずかしい恰好をしていた。

 

 

たまたまコケたことも無かったので
大丈夫だっただけで、とても危険な
服装だと今はわかります。

 

 

それでも、ヘルメットだけは用意して
被っていたのは、おりこうさんです。

 

 

高校ではバイク禁止されていたので、
警察に捕まるわけにはいかなかった
のがその理由です。

 

 

だから、フルフェイスとかジェット
がどうといった知識も好みもなく
何でも良かったのです。

 

 

そんな時代から数十年経って、
ヘルメットにもこだわるようになった。

 

 

 

乗るバイクのカラーリングにマッチ
するように合わせたり、ライディング
ファッションに合わせたりして
楽しむようになりました。

 

 

10代や20代よりも経済的余裕が
あるからできる技でもありますが…

 

 

そして最近といっても10年ほど前に
お気に入りのヘルメットをゲットして
それをメインに被ってました。

 

 

そのヘルメットは、

 

SETAというブランドのものです。

 

 

 

実はバイク仲間の友人が被っていた
のですが、それが欲しくなって無理に
譲ってもらった経緯があります。

 

 

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが
SETAヘルメットは現在は製造も
されていないヘルメットです。

 

 

クノー工業という会社が製造販売
していましたが2004年9月13日に
自己破産して自主廃業となった
会社のヘルメットです。

 

 

自分自身一番しっくりくるので、
もう20年ほどは使ってます。

 

 

でも年数が経つとヘルメット内部が
腐食してスポンジ部分などが劣化し
使えなくなりました。

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

何とか使い続けたいと思って
いろいろ調べていると、

 

「ヘルメット内装のリペア」

 

という方法があることを知ります。

 

 

 

そして、早速申込しました。

 

 

ヘルメットリペアしてくれるという
業者にヘルメットを宅配便で送って
2週間前後すると帰ってきました。

 

 

いやぁ~見て驚きましたね。

 

 

ヘルメットの内装はほぼ新品状態!

 

 

嬉しかったですねぇ~

 

 

実物はこうなりました。

 

 

 

 

 

 

 

どうですか、綺麗でしょ。

 

 

難点があるとすれば、
もう数十年前のヘルメットですから
保安基準クリアは難しいということ
くらいでしょうか。

 

 

事故を起こした時の保証はできない
ということです。

 

 

お気に入りのデザインであり
使い勝手のいいヘルメットなので
そのへんは納得です。

 

 

年齢も年齢なので、
あと乗れる年数も限られています。

 

 

それにもしものことがあっても
好きなバイクで逝けるなら本望
という気持ちもあります。

 

 

だからすべて納得した上で
今でも被り続けています。

 

 

ヘルメットが直ったのは嬉しい

でも結構な費用がかかりました。

 

 

もう少し出せば新品が買えるくらい
といったらわかるでしょう。

 

 

でも、そういう問題ではないです。

 

 

好きなものをずっと使い続ける
その為には仕方がないと
割り切ってます。

 

 

実は、その後、
SETAのヘルメットを集める
というクセがついてしまいました。

 

気付けば、SETAヘルメットの
コレクターになっていました。

 

 

とはいっても、もう製造販売は
されていないので、デッドストック
やユーズドをネットオークションや
フリマで探して入手しました。

 

 

そしてまた

 

「ヘルメットリペア」

 

をして散財しております。

 

 

 

妻には内緒ですが、

 

「何だかヘルメット増えてない?」

 

と聞かれる度に

 

ドキッとするのが最近の悩みです。

 

 

私のコレクションの一部ですが
ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと増えすぎたので、
使わないヘルメットも多いです。

 

まあ、眺めてニヤニヤするのも
楽しみの一つです。

 

 

ここまでお付き合いいただいて
ありがとうございます。

 

 

 

⇒ホームへ

 

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

鉄馬

アラ還ライダー

鉄馬

アラ還ライダーの鉄馬です。 コロナ禍でバイクを見直す動きもあるようで、バイク人口が増えることを期待してます。 人に迷惑がかからないライディングが出来るうちは、ずっとバイクに乗り続けたいと思ってます。 どうぞ、ヨロシク!

詳しいプロフィール

当記事はプロモーションを含みます。

管理人プロフィール


管理人:鉄馬
アラ還ライダーの鉄馬です。

コロナ禍でバイクを見直す動きもあるようで、バイク人口が増えることを期待してます。

人に迷惑がかからないライディングが出来るうちは、ずっとバイクに乗り続けたいと思ってます。

どうぞ、ヨロシク!

⇒プロフィール詳細

人気ブログランキング

ブログランキングに参加中!

良かった、参考になった、面白かったという方は、ランキングに“ポチ”っとしていただけると嬉しいです。


アメリカンランキング
アメリカンランキング
 

にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
にほんブログ村
 

FeedPing
 

  最近の投稿
Facebook
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報